社員インタビュー




配管工

入社年:1999年

経験年数27年の配管工のエキスパート。技術的にも精神的にも頼れる会社のリーダー。

河﨑設備工業の良さとは?

人が良いところが最大の特長だと思います。社長を司令塔として連携が取れていると感じますし、社員間のコミュニケーションも十分に取れているという実感があります。社員同士がお互いのことを思いやって助け合える会社だなと感じることが多いです。
また、仕事に役立つ資格の取得を推奨し、後押しをしてくれるのも良いところの一つだと感じています。

どんな時にやりがいを感じますか?

工事が完成した時に一番やりがいを感じます。工期が1年以上の長い現場もありますし、毎日の一つ一つの作業の積み重ねが大きな成果となって形になった時は、喜びもひとしおです。空調・給排水設備工事は、人々の暮らしに必要不可欠な仕事です。初めて工事を完成させた時の感動は今でも覚えていますし、今の自分の仕事に誇りを感じています。


仕事をする上で大事にしていることは?

プロの技術者として自覚を持って仕事をするということです。お客様だけでなく、同僚に対しても技術者として恥ずかしくない仕事をするように心がけています。先輩として、後輩の良い見本になれるように意識していますし、もちろん、気がついたことがあれば積極的に本人にも伝えています。
 

河﨑設備工業で働きたい方へ一言!

繰り返しにはなりますが、当社は本当に良い同僚に恵まれた職場です。会社全体に新人の方を歓迎する空気感がありますし、未経験の方にもしっかり仕事を教える環境があります。現場での仕事を終えて会社に帰ってきたときも必ず社長と顔を合わせて言葉を交わします。新しい環境に身を置く時は不安があると思いますが、安心してきてもらえると嬉しいです。
 

INTERVIEWS

 
 

村井 勇哉

配管工 3年目

2018年入社

 

 

木下 弘一

配管工 27年目

1999年入社

 

 

竹本 隆義

営業 現場管理 

2020年入社