社員インタビュー

HOME | 先輩社員インタビュー | 社員インタビュー



営業 現場管理

入社年:2020年

現場管理の経験28年の大ベテラン。河﨑設備工業の将来の展望に興味を持ち中途入社。会社に新風を呼ぶ。

河﨑設備工業を知ったきっかけは?

以前勤めていた会社の工事で河﨑設備工業と一緒に仕事をすることになったのが最初に知ったきっかけです。その時はまだ新卒入社して間もない頃で、将来河﨑設備工業で働くことになるとは思っていませんでした。縁あって、2020年に当社へ入社しました。

なぜ河﨑設備工業へ転職したのですか?

以前は設備の管理会社で働いていました。とてもやりがいのある仕事でしたが、途中で自分のやりたいことが変わってきたのを感じたからです。私のやりたいこととは、設備の新設や増設、改装工事の提案に、CO2削減や省エネを積極的に取り入れることでした。
設備の管理をメインに行う企業では私自身が営業活動の中で新しい提案をする機会がほとんどなかったため、営業から柔軟に携われる場所を次の働く場として選びました。
自分のやりたいことが明確になったきっかけも覚えています。ある日、お客様から、私が行った工事のおかげで光熱費を削減出来たという喜びのお声をいただきました。CO2削減や省エネに関われる仕事ってとても素敵だと感じ、お客様の声が大変心に響きました。年々、CO2削減や省エネなど「地球にやさしく」という言葉を耳にするようになり、自分自身のやりたいことが定まっていくのを感じていました。
 

河﨑設備工業だから出来ること

河﨑社長に自分のやりたいことを伝えると、「是非チャレンジしてほしい」と、背中を押してくれ、叶えられている今、とても仕事にやりがいを感じています。
私は現場管理の仕事を約30年間経験し、その道においての知識がありますが、現場での作業を行うプロとしての目線は持っていません。現場管理の目線から意見を伝え、相談すると、配管工の皆さんがそれを作業に起こしてくれます。以前の会社は設備の管理に特化した企業だったため、現場で作業を行う方に相談するには会社をまたいでの連絡が必要で、今のような働き方は出来なかったのです。隣を見ると配管工のプロがいて、私は現場管理のプロとしてチームワークを組む。とても働きやすく、働きがいのある環境です。
 

INTERVIEWS

 
 

村井 勇哉

配管工 3年目

2018年入社

 

 

木下 弘一

配管工 27年目

1999年入社

 

 

竹本 隆義

営業 現場管理 

2020年入社